兄妹愛

兄妹
我が家には、5歳になる息子と2歳になる娘がいます。

2歳になる娘はうまれつき病気をもってうまれてきて、運動発達が遅れています。娘と同い年の子達が色々運動面でできることがふえてきていても、娘は一向にできる気配もなく、私もとてもおちこんでしまっていたのを、息子もみていました。息子の前では明るくしなくてはと思っていたのですが、なかなか上手く出来ていませんでした。

そんな息子が、幼稚園のお友達になんで妹ちゃんは、まだ色々できないの。と聞かれた時に何か息子の中で爆発してしまったみたいで、そのお友達におこってしまったみたいです。先生は理由が理由なので、息子のことはそこまで怒らずにいてくれたみたいなのですが、やはり私としては、こういわれてしまっても、もっと優しく、娘は病気だからということを伝えることができればなと思い、息子を怒ってしまったのですが、きっとこういう場面はこれからたくさんあるんだろうなと感じ、私はこういわれたら、病気だからといっていいんだよと息子には伝えました。

息子のしたことは、強くお友達にいいかえしてしまったということは悪いことかもしれませんが、5歳の息子が娘を守ってくれたんだと思ったら、私はすごく嬉しかったです。息子はみるからに娘のことが大好きですし、娘はそれを上回るほど、息子のことが大好きです。お互いが想い合っているんだなと感じました。この2人は大丈夫だとも感じました。こんな小さいながらにも兄妹愛てあるんだなと少し感動してしまった私がいました。

息子がしたことはお友達を傷つけてしまったことで悪かったんですけど、そういう気持ちがある息子を私はほこりに思うようになりました。これから先、娘がなにかいわれたり何か壁にぶつかったときも私とか旦那とかではなく一番頼りになるのはもしかしたら息子なのかもしれないと感じた出来事でした。誰よりも娘を守ろうとした小さな兄ちゃんに嬉しく思いました。これからが楽しみな兄妹です。